集客

ブランディングの罠

更新日:

こんばんは。

前回に引き続き「ブランディング」について
発信したいと思います。

「ブランディング」ってよく聞く言葉ですが、
勘違いしている人が多いんじゃないかと思います。

特にうまく行っていない会社って
やたらとブランディング作りに励んでいます。

どんな事かというと、

名刺をかっこよくしたり、
ロゴを作り替えたり、
地元のラジオでCMしたり、
建物をきれいにしたり、

これってはっきりいって単なる「かっこつけ」だと思いませんか?
私はこれをブランディングというものの罠だと思っています。

ブランディングとは、
「間違いがない!と感じる」ことだと思っています。

例えば、人へのプレゼントを決めるとき、
ティファニーのネックレスやグッチの財布って
マストなアイテムです。

悩まなくても、喜ばれること間違いないです。
それは、どちらのブランドも有名で信頼できます。
そして、他の選択肢を与えないほどの商品力になっています。

誰だって、その分野のものを買うとき、
損なんてしたくないですよね?

いいものだけ手に入れたいですよね?

だから人はブランドに弱いのです。

ですが、ブランドって表面的じゃないんです。
先ほどの話ですが、「かっこいい」=ブランドではないんです。

ここがよく勘違いされる点だと思います。

そして最大の罠ですが、
ブランディングとは、支持されて大きく育っていくものです。
「みんな知っている、みんなやっている」の母数が大きくなって
有名で、信頼のおける「ブランド」になっていくんです。

つまるところ「ファン」が多くなれば、その過程でブランディングの表面的なところを
さらに変えていくことが大切だと思います。

なのに、起業したての会社や中小企業ほど、
たいしてお客さんから支持されていないのに、
「かっこつける」ことで、支持されているように見せかけているんです。

最初の話でしてきたことは、実は私が今までしたことでした。
でも顧客は別にそんなこと、何も感じていないのに、
私はそればっかりに時間をかけていました。

でも本当にブランディングで大事なのは、
「顧客からの支持」です。

かっこつけのブランディングに走ってしまっている方は
もう辞めて、顧客からの支持を受けるにはどうすべきか考えてみてください。

-集客

Copyright© キレイごと抜き倒産した社長の起業独立失敗ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.